中古車買取攻略解体新書

愛車を手放し節約をしたい方におススメです!

あなたが愛車を売りたいと思う理由はなんですか?

 

「新しい車を買いたい」

 

「燃費のいい車にしたい」

 

「駐車場の費用がかかりすぎる」

 

「家族が増えて大きな車が必要」

 

「正直経済的に苦しい」などでしょうか?

 

 

かっこいい新車が欲しい!という方もいらっしゃるでしょうが、
やはり何といっても『節約』したいという方も多いのでしょう。

 

車は、決して手に入れたら最後ではなく、思っていた以上に維持をしていくにはかなり出費がともないますよね?

 

実際私のアルファードでも、
ガソリン代 毎月14,000円
・オイル交換代 3ヶ月に1回 5,000円
・駐車場代毎月 13,000円
・自動車税 年間45,000円
・自動車保険 年間100,000円
・車検 2年に1回 250,000円
・その他 タイヤ代、ワイパー交換やランプ等消耗品、洗車費用含め年間数万円かか
り合計すると年間50万円以上使っています。

 

これでも私の場合、消耗品・車検・保険等は友人に相当値引いてもらい大分節約できている方だと思います。

 

ヴェルファイアを所持している友人の場合、おおよそ1年間で百万くらい払っていると言っていました。
友人は、全てをディーラーに頼っているので、オイル交換や車検には私の倍ぐらいの費用はかかるそうです。

 

後、ガソリン代・オイル代・タイヤ代などは車に乗るにつれて比例して必要になってきますし、
保険・自動車税は、費用の額も大きく、たとえ乗らなかったとしてもかかってくる費用で、あらためて思うとかなりの出費になっています。

 

 

燃費や維持費の点でみれば、ハイブリッドカーなら節約できると考える方も多い様ですが、実のところいかがなものでしょう?

 

例として、プリウスは、やはり燃費がよいためガソリン費はエンジンの場合の約半分位には抑えられます。
税金面でも、登録の翌年は2万円ですが、その次は39,500円(通常の場合と同じ)かかり以降も同額かかるのです。

 

重量も、新しく購入した際は免税ですが、1回目の車検の際に7,500円、その次の車検からは15,000円かかるのです。

 

なので、ガソリン代と初年度の税金面に関してはやや得ですが、年数を重ねるとお得感も少なくなり、
車検/消耗品といったものは他の車と同じで必要なものなのでけっこうな維持費が掛かります。

 

ハイブリットカーのプリウスでも1年で最低四十万円の維持費はかかる計算となります。

 

当然ハイブリッドカーの場合でも車を維持しているからには、部品交換や修理といった費用は
必要になりますので、その費用は必要です。

 

また、ハイブリッドカーの場合、忘れてはいけないのは、長く乗りたい場合や中古車で購入された方は、
バッテリ交換代金として17万円位必要だということです。

 

ここまでの話は車というのは贅沢品であって維持するのに費用がすごく必要だというものでしたが、
でも、緊急時車がなかったらどうしたらいいのかと考えてしまう人もいらっしゃると思います。

 

実際あまり考えていなかったかもですが、タクシーで十分なのです。
一年間でそんな大金をタクシーに使うことができるひともいません。それにタクシーなら自分で運転する必要なんてないですし、
停めるところを探したりしなくてもよく、パーキング料金だって必要ありません。

 

それくらい車は高級品で、高い車ほど維持するのにもお金がかかるということです。

 

なので、この際、思い切ってマイカーを手放し節約をしませんか?

 

そうときたら、1円でも高い価格で売りたいですよね?

 

 

そのためには、これからお話する3つのことを知っていれば愛車を上手に売れます!

 

ほとんどの人はこのことを知らないがゆえに損をしているのですが、私はこれのおかげで65万円も高く売れました。

 

(1) ディーラーへ下取り依頼しない
(2) はなから下取りを検討しない
(3) 売ろうとする車の査定額を把握する

 

これからひとつずつ見ていきたいと思います。

 

(1)  ディーラーへ下取り依頼しない

 

ディーラーへ下取り依頼してはいけないって、なぜ?と思われた人もいるでしょう。
そもそも車を売り買いするとき、ディーラーを利用するのが普通だと考えていませんか?
下取りすることによって新車が安く買えたので満足してませんか?

 

もともとディーラーとは、利益を少しでも得るために車を高い値段で売ることが目的なのです。
そのことによってあなたは損をさせられているのです。

 

下取りして新車購入をした際、見積りの詳細までしっかり確認しましたか?
あまり下取り金額そのものがどうだったかということを気にせず、新車を割安にしてもらえた!ということで満足したり、
つけたオプションに目が行って、下取り額をあやふやにされていませんか。

 

そういう買い手の心理を利用してうやむやにされてしまっていることが結構あります。

 

 

(2)  はなから下取りを検討しない

 

と申しますか、そもそもマイカーを下取りに出そうという考えこそがダメなのです。
意味を混同されている人もおられるかも知れませんが、【買取り】をしてもらって下さい。

 

新しい車を買うときに持っている車を売ることが下取りです。どうして下取りが駄目なのかというと、
(1)でも述べた通り、下取りを幾らでしてもらえたのかということがあやふやになるからです。

 

下取り金額を正確に把握していないと、損したのか得したのかすら不明確です。
ですから、ディーラではない場合でも、買取りを依頼するようにして下さい。

 

 

(3)  売ろうとする車の査定額を把握する

 

ディーラーでも、その他の業者でもそもそも下取りに出してはいけないという話をしましたが
元々あなたは自身の愛車がどれくらいの価値があるか把握していますか?

 

勝手に価値なんか無いと思い込んでいませんか?

 

実際07年式、5万キロの走行距離のハリアーが下取りしてもらう額より65万円も高く売れたのです。
ですので、自身の車の価値を知っておくべきなのです。
いくつかの査定結果を頭に入れ、最も納得のいく値段を提示した業者に買ってもらえばいいのです。

 

今すぐではなく、売るなら2年後かなと考えている場合でも、2年後の価格と現在の価格とを比べられるので、
実際売りたいと思った際に正しい価値を理解しておくことができます。

 

これまでで、絶対に買取りにしてもらう。できるだけ多くの会社に査定してもらい自分の愛車の価値を知っておくことが
重要であるということはわかってもらえたでしょう。

 

とはいえ、複数の会社にいちいちコンタクトして見積もってもらうのって、相当手間がかかりそうとか、
そんな時間も気力もないって思ってらっしゃいませんか?

 

そんな方にお勧めしたいサイト、それが“かんたん車査定ガイド”です!

 

 

MAX10社に対する見積りが同時に比べられ、同時に愛車をもっとも高く売った場合の
金額も知ることができるという非常に便利なサイトです。
当然、完全無料です。

 

複雑な入力も必要なく、『自動車メーカ』『車種』『年代』『走行距離』を入れればよいだけなので、1分もかかりません。
入力した後すぐに相場が確認できるというのもおススメしたい点です。

 

>>愛車の買取額と相場を確認するにはこちら<<

 

 

2016/11/26 11:18:26 | トヨタ
ヴィッツとは、コンパクトカー分野で断トツの人気を有しているトヨタ自動車の10001500tクラス小型ハッチバック型自動車ですね。デザインも親しみ易く、かつ安全快適な走行性から幅広い年代に支持されています。初代ヴィッツは1999年から2005年にかけて生産・販売され、2005年から2010年までは2代目、そして2010年以降、今の3代目へと進化してきました。今のモデルでは17色ものカラーバリエーションが展開されているのも特徴のひとつです。ですが、やっぱり落ち着いたシルバーメタリックが一番人気の色のようです。そんなヴィッツですが、長く愛着を持って乗ってきたものの、近々売りにだしてみようかなと考え始...
2016/11/22 09:23:22 | ニッサン
ウイングロードは、新車価格が1.5リッターと1.8リッターで150万円からという安めの値段で買うことができる、入門者向けの車種といえます。小型のステーションワゴン車としていまだ根強い人気を誇っているのは、その小回りの良さ。日本の住宅事情では車庫も狭く、初心者マークが取れたばかりのドライバーには難度が高めの車庫入れも、そのコンパクトさからラクに駐車することができます。日常使いの車としては申し分ないウイングロードですが、何年か乗っていると運転にも慣れてきて物足りなくなってくる・・・なんてこともあります。そろそろ買い替え時かな?というときに、ウイングロードを下取りに出すのか、買い取りに出すのか迷うと...
2016/11/16 11:26:16 | ニッサン
スカイラインと言えばGT-R、ハコスカが打ち立てた50連勝の記録や、4WDとなって復活、レースでの強豪を全車周回遅れにしたR32GT-Rの伝説など、いつもカッコいい「最速の箱車」というイメージを人々に与えてきました。かつての名車を中古車で購入したい、というファンも沢山存在するため、買取の査定価格もどのモデルであっても相場より高めが付く傾向にあるのがスカイラインの特徴です。スカイラインはいくらで買い取ってもらえるのかスカイラインの買い取り価格相場は、モデル・色・グレードが基準となり、その人気度で下取価格もさまざま変化します。オプション等も物によってはポイントが高くなったりもします。12代目・スカ...
2016/11/11 11:10:11 | トヨタ
アクアが販売され出したのは2011年です。それより前に、プリウスが先に売り出されていましたが、大型車のため新車価格が高い、税金が高いといったマイナス要素があり予想よりも販売数が伸びませんでした。そこでプリウスよりも小さく、安い価格で売り出せるアクアが登場しました。プリウスとアクアでは、プリウスの方が燃費が良いです。その分アクアはすべてにおいて「ちょうどよい」というところが世代ウケして発売されてから爆発的に売れ出したのです。オプションなしで200万以上するプリウスですが、アクアの新車価格は170万から買えるので、その価格の差も売れの良い要因となっています。新車価格の差、維持にかかる費用の差でプリ...
2016/11/09 09:28:09 | ダイハツ
ダイハツ工業が製造・販売する軽トールワゴンといえば、何といってもタントですよね。軽自動車とは思えないほどの広い室内空間が特徴で、大きい荷物だって簡単に積み下ろしでき、楽に乗り降りできることもあって、ファミリーを中心として、非常に人気を得ています。2003年から発売されているタントなので、初代に乗られている方だと、もう10年以上乗っていることになりますね。今更、売りに出したいと思っても、どうせタダに近い価格なんだろうと何となく決めつけてしまっていませんか?実は、意外にもそれがそうでもないのです。それが事実なら、ちょっとでも高く売りたいと思うのが当然の心理ですよね?!ここでは、実際、どんな方法でど...
2016/11/08 10:37:08 | トヨタ
20〜30代に圧倒的な人気のおしゃれな5ナンバーミニバンといえば、トヨタのヴォクシーですよね。ライトエースの後継車として2001年から発売され、快適な走行性と広い室内からファミリー層にも根強い人気を誇っています。初代(AZR60、AZR65)は、2001年〜2007年に、2代目(ZRR70、ZRR75)は、2008年〜2013年、3代目(ZRR80、ZRR85)は、2014年にモデルチェンジされてから現在まで生産、販売されています。3代目からラインナップにハイブリッド仕様も加えられています。販売系列の違いにより名称を変えて販売される兄弟車にノアがありますが、ヴォクシーはノアに比べて、そのスタイ...
2016/11/01 15:07:01 | ニッサン
女性に運転しやすい車とはどんな車でしょう。まずは、サイズが大きくなく、小回りが効くこと。これなら、軽自動車がいいと考えますが、軽自動車だと、万が一事故にあうと、ちょっと頼りないですよね。それに、坂道などでのパワー不足も心配。その点、キューブは普通車という安心感もあり、サイズが小さいためハンドルを扱いやすく、小回りが効きます。次に乗り降りしやすい車であること。特に小さい子供と一緒だと、チャイルドシートの着脱や荷物の出し入れをしなければなりません。そんな時、キューブは車内空間が広く、動きやすくていいですよね。後ろのドアは上に開けるタイプだと、女性にとっては結構力がいるんですよね。横開きの場合、少し...
2016/10/31 11:04:31 | マツダ
RX-7とは、マツダが開発したヴァンケルエンジンが搭載された2ドアクーペのスポーツカーです。1978年から2002年まで販売されており、極限まで軽さを追及した国内最大のパワーウェイトを誇る1300tです。コーナリング、ハンドリングにも定評があり、根強い人気で、来年の東京モーターショーで久々に新型が発表されることにもなっています。そんな人気のRX-7に乗り続けていらっしゃる方で、近々手放そうかと考えている人もいることでしょう。でも、どうせ古いし、たくさん乗ってきたし、価値はゼロに近いだなんて自分で決めつけていませんか?実は、そんなことはないのです。では実際の取引例もおり混ぜて見ていきましょう。【...
2016/10/20 19:20:20 | ホンダ
S2000:ホンダが1999年〜2009年まで発売していたオープンカー環境性能にこだわった燃費のよい、いまだに人気のスポーツカーです。愛着があるので、継続して乗っていたいという場合もあれば、頃合いをみながら、売ってもいいかも?と思っている方もいるでしょう。ただ、一番最近のものでも2009年製。。ということはもう7年も前の年式になります。大好きだからこそ、たくさん乗ってきたので、もう高くは売れないだろうと諦めていたりもするでしょう。今はみんなコンパクトカーに乗っているし、スポーツカーの需要は低いだろうと思っているかも知れません。そうやって迷っていれば、どんどん時間が経ち、価値が変わっていきます。...
2016/10/20 09:37:20 | トヨタ
プリウスとは、言わずと知れたハイブリッドカーで燃費に優れたトヨタのエコカーですね。モデルチェンジでPHV・PHEVといった車種も追加され、ますますスタイリッシュに進化を遂げ、人気をゆるがないものにしています。とはいえ、年数を重ねたものだったり、変わった色だとか、グレードが低い、結構な距離を走ってきたといった理由で、どうせ高く売れないと勝手に思い込んでいませんか?何年も乗っていて、車検になると、そのまま車検を受けて乗るか、下取り・買取りにでも出して乗り換えるか悩んでしまうでしょう。車検にお金を使うなら、新車に投資したいと思うでしょうし、そしてできることなら、今の車を高い価値で売却したいですよね。...